ただでさえの寂しさに

 傷を重ねて重ねて、

 

 人を求めるというのならば、

 生身の人間を、

 話し合う時間を、

 目をみるということを

 求めなければならないと考えた。

 

f:id:PreDawn:20170829062523j:image

 

 苦しさに苦しさを重ねただけの時間は、空洞の絵しか生まない。