映画『メアリと魔女の花』についての個人的な感想

 先日、映画『メアリと魔女の花』を観てきたのでその感想を書いてみようと思う。

 

 基本的に前情報なしで映画を観に行くことが多いのだが、思った以上に子供向け映画に仕上げられていて驚いた。ジブリの血をひく作品(本作はスタジオポノックが制作した映画だ)とあり、その絵(特に背景)のタッチや、音楽などにスタジオジブリ特有のあの静かで重たく時の流れてゆく様な感じというものがあったのだが、ストーリーにはその様なものがなく、子供向けにわかりやすく作った、という印象をうけた。だから絵と音楽がストーリーとちぐはくで終始違和感を感じていた。

 

 米林宏昌監督がスタジオジブリで作った『借りぐらしのアリエッティ』にはその静かで重たい時の流れを感じ、いたく感動したのであったが、本作はそうでなかったのがなんだか残念だった。ただし、これは前情報なしで観に行った自分にも責任はあるし、子供向け作品と捉えれば評価はまた違ってくる。

 

 しかし、子供向け作品を作る意義は果たしてあるのだろうか。子供向け・大人向けと区別する必要はあるのだろうか。

 

 自分が幼い頃に観た『風の谷のナウシカ』。ナウシカの偉大なる優しさや深い悲しみや怒りの感情、死とその清潔さが立ち込める腐海の森のあの感じ、重々しく流れてゆく時の流れ…言語化まではできないものの、幼い自分はその美しさを感じとっていたし、その美しさをずっと考えながら今も生きている。あの時感じたものは一体何だろうと考え、そうして今、私は表現する人でありたいと日々過ごしている。そして、時の流れや本当の優しさ、生と死について、考え続けている…。

 

 重たい時の流れを持った作品。それをこれからの幼い子供たちがみる機会は減っていってしまうのだろうかと、勝手ながらに考えてしまった。自分自身、幼い頃にみたものが人生を大きく左右したと思うからだ。勿論、私の人生が良いと言いたいわけではないのだ。ただ、やはり、所謂子供向けのストーリーというものにはその面白さだけを重視する傾向が強く、物事の本質に迫る切実さが薄いことが往々にしてあると感じてしまうので、この様な感想を持った。

 

 これは個人的な感想だし、この様な感想をブログで書くのも初めてで慣れていないため、気を悪くされた方がいたら申し訳がないのだが、あくまで一個人の意見として(それもひどくたどたどしい)捉えていただければと思う。