細い一本の白い線

 昨日は、日記を書くのを休んでしまった。ぐったりしたからだ。ここ最近はずっと同じことでグルグルと悩み続けている。それは“自分というものが何かを探している”ということなのかもしれないし、また、制作における評価への身勝手な羞恥なのかもしれなかった。たぶん二つが入り混じった問題なのだろう。

 

 そしてさらには絵画以外の可能性すら考え始めるということも起きてきている。自分でもよくわからなくなりはじめている。このままだと、自分の中の“こわさ”が膨らんでいってしまいそうだ。

 

 しかしその様な状況におかれることにより、一つわかってきたことがある。それは、自分は何かをつねに考えていたいしそれを表現することばかりを願っている。そしてそれが漠然としたこわさの中で細い一本の軸の様に垂れ下がっている。何もしたくないわけではけっしてないのだ。どうにかして表現しようとしている。どのような結果であれど、その表現方法が見つかってくれればいいのだが。

 

 その試作として、今日はこのようなものを作っていた。

f:id:PreDawn:20170804002635j:imagef:id:PreDawn:20170804002707j:image